福井新聞採用ブログ

就職情報を発信します

最新の投稿

秋採用の応募、締め切りました。

新卒秋採用の応募は13日、締め切りました。
ご応募、ありがとうございました。

厳正なる書類審査の上、
審査の結果、および以降の選考日程を個別にお知らせいたします。

【お問い合わせ先】
福井新聞社 経営企画局 採用担当
電話:0776(57)5190=平日9:00~17:00
メール:jinji@fukuishimbun.co.jp

 

応募、本日締め切り

新卒秋採用の応募締め切りは本日13日(金)。書類必着です。

13日(金)に本社へ書類を持参される方は、
9:00~17:00に、
正面受付にお預けください。
※12:00~13:00をのぞく。
17:00過ぎとなる場合は採用担当までご連絡ください。

提出いただく書類は、
★入社志願書(指定書式を使用すること)
★紙面リポート(指定書式を使用すること)
★官製はがき1枚
詳細は当ブログの「募集要項」をご覧ください。

書類審査の上、
応募締め切り後に、以降の選考日程を個別にお知らせします。

株式会社 福井新聞社 経営企画局 採用担当
電話0776(57)5190=平日9:00~17:00
〒910-8552 福井市大和田2-801
eメール jinji@fukuishimbun.co.jp

秋採用 応募締め切り迫る

新卒秋採用の応募締め切りが迫ってきました。

締め切りは今週13日(金)。

必要書類必着ですので、郵送の方はご注意ください。

詳しくは募集要項をご覧ください。

ご応募をお待ちしています。

なお、経験者採用の応募は、随時受け付けています。

◆ 株式会社 福井新聞社 経営企画局 採用担当
電話0776(57)5190=平日9:00~17:00
〒910-8552 福井市大和田2-801
eメール jinji@fukuishimbun.co.jp

秋採用を行います

2018(平成30)年4月入社社員の秋採用を行います。

応募期間は5日(火)から10月13日(金)です。

募集要項をお読みになり、ご応募ください。

経験者採用の応募は、随時受け付けています。

◆ 株式会社 福井新聞社 経営企画局 採用担当
電話0776(57)5190=平日9:00~17:00
〒910-8552 福井市大和田2-801
eメール jinji@fukuishimbun.co.jp

「受付票」を発送しました

新卒採用選考にご応募いただいた皆さんへ

書類審査を通過した方に「受付票」を発送しました。

「受付票」は今後必要です。
届いているか確認の上、大切に保管してください。

数日たっても届かないという方は、
経営企画局・採用担当までメール、電話でお問い合わせください。

新入社員研修日記12

こんにちは。今回は田中が担当します。

ふくい春まつりについて、営業局企画事業部のH部長からお話を頂きました。
特に、福井市の「浜町」のまちづくりをどのように行ってきたかをお聞きしました。地元住民が自主的にまちづくりに取り組むことで、「浜町」に活気を取り戻すきっかけを与えているのだと教わり、その裏では福井新聞社が後方支援を行っていたということが自分の事のように嬉しく、胸が躍るような気分でした。

以前、3班に分かれて行った県内ルポの発表も行いました。

各グループが実際に見たり聞いたりした事を詳細に語りました。どのグループも発表に個性があり、素直に面白かったです。発表を通して、自分の理解も深まり、さらには福井について新たな発見ができ、とても有意義な時間でした。

同期の面々と一緒に行動するのもあと少しになりました。多くの時間を過ごしたので、正直なところとても寂しいです。この仲間たちと切磋琢磨しながら一日一日を大切に励んでいきたいと思います。

新入社員研修日記11

今日は黒田が担当します。

午前に健康診断、午後にメンタル講習を受けました。
メンタル講習では、職場で起きそうな問題を取り上げ、クイズ形式でストレスを溜めない方法や仕事に対する気の持ち方などを教わりました。

ストレスになるものは〝未完了感〟であり、終わらないことがどんどんストレスになっていくそうです。
嫌だな、苦手だなと思って先延ばしにしがちな仕事もあえて先に片付けてしまうことでストレスの低下につながることを学びました。また、同期はとても大事な存在で、「話す=離す」になるのだという先生の話がとても印象に残りました。新入社員の私たち6人は毎日たくさん話をして楽しい日々を送っています。これから本格的に仕事が始まって悩み事も出てくると思いますが、同期の力を借りて溜め込まないようにしていきたいと思います。
楽しく元気に仕事をして、社会に、会社に貢献できるよう頑張っていきたいです。

応募、締め切りました

新卒採用選考の応募は5月1日、締め切りました。
多数のご応募、ありがとうございました。

厳正なる書類審査の上、
審査の結果、および以降の選考日程を個別にお知らせいたします。

【お問い合わせ先】
福井新聞社 経営企画局採用担当
電話:0776(57)5190
メール:jinji@www.fukuishimbun.jp

新入社員研修日記10

研修も残り少なくなってきました。
10日目の担当は三好です。

午前は坂井市春江町の運転免許センターで運転講習でした。
免許取得時以来の運転シミュレーター。教室は異様な緊張感に包まれました。
静まり返る教室に時折「あーっ!」という声が…。
運転において〝慣れ〟というのは怖いものです。
車を運転する者としての責任を再度叩き込まれたような気がします。

午後は社に戻り、敦賀支社長から、嶺南全域についてと、敦賀の原発についてのお話でした。
福井県民にとって、原発はこれまでもこれからも続く長年の課題です。
地元紙として、県民の立場からの目、ジャーナリズムの目の両目で様々な角度からこの課題を考えていくことで視野をもっともっと広げていきたいと思いました。

新入社員研修日記9

今回のブログ担当は多田です。

今日は、二人一組に分かれて福井県内のルポに挑戦しました。
福井市内から出発し、越前市、勝山市、三国町とそれぞれの町を歩きながら歴史を学んだり、食文化を感じたりしました。

私は三国町を訪ねました。今では漁港として名の知られる三国町ですが、かつては日本有数の交易港として全国に名を馳せていたそうです。また、有名な詩人らが多く滞在していた事もあり、文学の盛んな地としての顔もあったことを知りました。

福井県内にも様々な町と歴史があり、まだまだ知られざる福井の魅力を発掘する余地があると感じました。
今回のルポは各班でまとめて、発表する予定です。