Monthly Archive: 10月 2015

みらつな本 完成

福井新聞社が2009年1月から始めた環境キャンペーン「みらい・つなぐ・ふくいプロジェクト」。
越前市白山地区の古民家を借りて「コウノトリ支局」を開設し、絶滅したコウノトリが再び大空を舞うような環境を取り戻そうと地域の人々とともにさまざまな活動を行ってきました。

紙面で活動を紹介するだけでなく、無農薬・無化学肥料の米作りを体験する「田んぼファンクラブ」や自然環境について学ぶ「子ども探検隊」、新聞紙エコバッグづくり教室、コウノトリ紙芝居の読み聞かせなど、全社員が一丸となって取り組んできました。

こうした地道な活動が実を結び、今月3日にはついにコウノトリ2羽の自然放鳥が同地区で行われました。

放鳥を記念して福井新聞社は10月23日、プロジェクト立ち上げから放鳥までの7年間の歩みをまとめた「辞令!コウノトリ支局員を命ず」を発刊しました。

プロジェクト発足当初からのメンバーである伊藤直樹記者による渾身の書き下ろし。
福井県内主要書店や福井新聞社本社・支社・支局で販売中です。
ぜひご一読ください。
四六判、379ページ、税別1500円。

プロジェクトFacebookページはこちら

福井マラソン 号砲間近!

ん~、志望動機は? は、はい、実は…
まるで面接?!
というわけではなく、
今年もこの日がやってきました。
採用試験!ならぬ・・・
会場いっぱいです
福井マラソンの社内全体会議です。
マラソン担当もりっこにお任せ!

今年は5キロ、10キロの2コースに
5872人のエントリーがありました。
(スタート、ゴール地点の改修工事のため、
ハーフの部はお休みとなります。)

これだけの数のランナーの安全と
ルートの確保のためには、
事前の全体会議は欠かせません。

特に今年は、
11日の号砲が待ち遠しい反面、
改修工事がネックとなり、
開会式や受付場所などが大幅に変わります。
当日は予定通りに進められるか、
不安がなきにしもあらず…です。

そのため、スタッフの社員も、
いつも以上に真剣な表情です。
スムーズに運営できますよう

ランナーの皆さんをはじめ、
周辺住民の皆さま方にも
ご不便をおかけする
場面があるかと思います。
その際はどうかご容赦いただければ幸いです。

わたしたちスタッフも最善の状態で
当日を迎えます。

どうかご協力、よろしくお願いいたします。

受験票を発送しました

秋の採用試験に多数の応募をいただきありがとうございました。
書類選考を通過した方々に昨日、受験票を発送しました。
万が一、10月9日までに届かない場合はご連絡ください。

1次試験は10月17日(土)、福井新聞社・本社で開催します。

経営企画局 採用担当
TEL0776-57-5190 jinji@www.fukuishimbun.jp 

コウノトリ放鳥 約束の空へ

前回9月9日のブログから、
社内ではいろんなことがありました。
が、ブログが追い付かず…。

まずは、元・支局員としてこの話題を。

コウノトリが、福井の空に戻ってきました!
福井の空に映える白と黒のボディ(写真は福井新聞より)
10月3日、
越前市の白山小周辺でコウノトリ2羽が放鳥されました。
さぁ福井の空へ(福井新聞より)
ゆめちゃんとげんきくんです。
新聞やテレビでご覧になった方も多いかと思います。

当日は、地元の人や関係者をはじめ、
大勢の方が駆けつけて、その瞬間を見守りました。
わーい、自由だー(福井新聞より)
わたしも、子どもを連れて見学に行きました。

白と黒の美しく、大きな翼を広げた2羽は、
わたしたちの頭上を大きく大きく旋回。
その存在感と、
一度は失ってしまった命の尊さを
改めて感じさせてくれました。

支局員になって1日目のときも、
コウノトリは頭上を舞ってくれたなぁ。
そんなことも思い出したり。

この日、
頭上を舞うコウノトリを見た方たちも、
いっそう愛しさがわいてきたことと思います。
わけがわからないだろう
2歳の子どもも大喜びでした。

あの翼には、
言葉にできないすごい力があるんです。

さて、ゆめちゃんは市内にいるようですが、
マイペースなげんきくんはどこにいるのかな?

たまには福井の空を見上げてみてはいかがでしょうか。

ただし、運転時はくれぐれもご注意を。