Monthly Archive: 3月 2017

内定者の声【2】

②企業研究はいつ頃から準備し、福井新聞社についてはどのよう な研究をしましたか?

Aさん)
たいした企業研究はしなかった。しかし、1月の中旬頃から様々なセミナーや業界研究会に参加して、いろんな方と話して企業について学んだ。
福井新聞社に関しては、やはり新聞を読むことを第一に取り組んだ。

Bさん)
大学3年生の際から各業界で働く先輩に話を聞いたり、インターンシップに参加しました。企業のホームページや本などから情報を得る事も大事ですが、実際に足を運んで身をもって企業の事を体感することで理解が深まると思います。

Cさん)
就活が解禁された後、福井県の企業が紹介されている本を買い、良さそうだなと思った企業は積極的に説明会に参加し、さらに深く情報を集めました。ですので企業研究は、ほぼ就活と平行して行っていました。福井新聞社が参加している合同説明会のイベント等は、必ず足を運び、毎回質問をして理解を深めました。

Dさん)
企業研究は3年生の秋頃から始めました。興味のある企業のインターンシップに参加して、自分がその企業で働くことをイメージしていました。福井新聞社については、まず新聞を読むことはもちろん、1DAYインターンシップや会社説明会に参加し社員の方にたくさん質問をしました。また、他の新聞社の説明会にも参加し、それぞれで比較して違いを見つけられるようにしていました。

Eさん)
企業研究は大学3年生の10月頃から始め、福井新聞社に関しては、毎日、新聞を読み、気になった記事を切り抜きしながらどんな記事が多いか、どんなイベントを行っているのかをチェックしていた。

Fさん)
企業研究を始めたのは3年生の2月頃です。主に企業説明会、1デーインターンシップなどを通して情報収集を行いました。福井新聞社については、3年生の8月にインターンシップに参加してから、会社訪問、OB訪問をさせていただきました。

 

会社説明会始まりました

3月25日には本社にて第一回目の会社説明会が開かれました。


会社案内DVDを見ていただいて、クロ人事部長からの会社概要説明。

そのあとは、「先輩社員に聞く」 ということで、政治部記者から取材の様子など話してもらいました。

その後、3班に分かれて、質疑応答の時間に。
紙面づくりのしくみや記事のこと、会社の制度や残業時間・休日のことなど、多方面にわたる質問にお答えしました。

最後には、社内見学もしていただき、当社の雰囲気を少し味わっていただけたかなと思っています。

 

会社説明会は、まだ、募集中です
こちらから

募集要項も発表しています。応募受付開始です!

内定者の声【1】

本日から採用試験の申し込み受け付けを始めました。
募集要項をよく読んでご応募ください。

さて、毎年恒例の「内定者の声」をお届けします。
皆さんの先輩の声です。是非、参考にしてください。

【1】 福井新聞社の受験を決めた理由は何ですか?

Aさん)
最初にお話を聞いたのが大学での説明会でした。そこではもちろん新聞が社会で大きな役割を担うツールとしての大切さを学んだ。しかし、私が驚いたのは、新聞社の活動が福井のまちづくりなどを行っているということだった。福井に長年住んでいて知らなかったので、衝撃が走ったことを鮮明に覚えている。福井新聞社なら、そのような仕事を大きな規模でできるチャンスがあると思った。そして何より、人事の方の新聞に懸ける熱いや、地元福井を愛する気持ちがひしひしと伝わってきて、こんな人達の中で仕事がしたいと感じ、受験を決めた。

Bさん)
大学入学時から漠然と東京以外でのマスコミ就職を考えていました。大学2年生の夏、部活動で福井新聞社の方々と一緒に試合のPR活動を行わせていただく機会に恵まれ、福井新聞が人々にもたらす影響力を実感しました。情報が人数や環境に溺れることなく地元で信頼され、一人でも多くの人々に事実や声をお届けし、コミュニケーションがとれる環境で働きたいと思い、受験を決意しました。

Cさん)
自分が就職活動をするにあたって、企業選びで最も重きを置いていたことは福井県内の企業だということです。「どういう職種につくか」というよりも、「福井で働けるかどうか」を前提に就職活動を行っていました。福井新聞社の受験を決めたのはマスコミという業界に興味があったことはもちろんですが、自分の力で自分が生まれ育った場所に何か変化を起こしたいと思ったからです。県内で広く普及している福井新聞社ならそれができると思い、受験を決意しました。

Dさん)
マスコミ業界に興味があったことと、地元福井の発展に貢献したいと思ったからです。福井への強い影響力を持つ企業で、自分のした仕事を、福井を盛り上げることに繋げたいと思っていました。

Eさん)
新聞社という大きなくくりの中で、新聞記者やイベントの企画などさまざまなことができるだと思ったから。また、生まれ育った福井で活躍し、お世話になったたくさんの人たちに恩返しがしたいと思ったから。毎日たくさんの人と出会い、自分とは違った人生を歩んでいる人の話を聞くことで刺激的な日々を送っていきたいと思ったから。

Fさん)
高校生の時に紙面で取り上げていただき、それを見た周りの方々からの反響がとても大きく、「また頑張ろう」という活力にもなりました。この経験から、今度は私が県民の方に喜びや感動を届けたいと思い、受験を決めました。

会社説明会の申し込みについて

会社説明会の申し込みを3月1日から受け付けていますが、障害のため一部のメールが届かなかった可能性があります。
採用担当(jinji@www.fukuishimbun.jp)宛にメールで申し込みされた方には、受け付け完了メールをお送りしていますが、届いていない場合は、お手数ですがこちらから申し込みください。

 

3月4日はサンドーム福井で!

昨日のステッピング合同就職セミナーにご参加くださいましたみなさん。

ありがとうございました!

13時のスタート直後はこんな感じ^^

 

いよいよ始まりました。

次は、
【3月4日(土)】12:00~17:00
「ふるさと企業魅力発見キャリアフェア」(主催:福井県ほか、場所:サンドーム福井)

で会いましょう!!

【本社説明会】も受付中です
●3月25日(土)、4月5日(水)、12日(水)、22日(土)
各日13時~16時終了予定
会場/福井新聞社本社(福井市大和田2-801)
詳しくはこちら