ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり 2018年11月23日(11:00〜18:30)・24日(10:00〜17:00) 神楽坂通り各所で開催

ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり

ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり

地図 福井県の特産品・名物が、今年も新宿区神楽坂にドーンと登場します。
『越前・若狭の特産品の試食・販売会』をはじめ、『小浜藩主・酒井大老の登城行列』や、『ワンコインで食べられる越前・若狭ランチ』、『恐竜頭骨の展示』、そして今年は福井県無形民俗文化財の『雲浜獅子の舞』の演舞などが加わり盛りだくさんの2日間です。
越前がに(11月6日解禁!! )」や「若狭ふぐ」、福井の新ブランド米「いちほまれ」などが当たる抽選会も見逃せません。


越前若狭特産品試食・販売会・ワンコイン特別メニュー越前・若狭ランチ

当日発売予定の特産品はこちら 当日発売予定のランチはこちら

観る

雲浜獅子(うんぴんじし)

雲浜獅子は、寛永11年(1634)酒井忠勝が、武州川越から小浜に国替えの際に伴って伝えられた獅子舞です。雌獅子をめぐる2頭の雄獅子が繰り広げる恋の物語を、美しい笛の音と勇ましい舞で表現します。無形民俗文化財の舞をご覧ください。

観る

小浜藩酒井大老登城行列

若狭小浜藩の初代藩主・酒井忠勝は、江戸幕府第3代将軍・徳川家光と第4代将軍・徳川家綱の老中・大老を務め、特に家光からは「予の右腕」と言われるほど大きな信頼を得ていました。神楽坂には当時、小浜藩の下屋敷があり、酒井忠勝はここから江戸城に登城しました。当時をしのび、23日の午後には時代衣装を身に着けた総勢24人が神楽坂通りを練り歩く「小浜藩酒井大老登城行列」を開催、イベントを盛り上げます。

幕末明治福井150年博

幕末明治福井150年博の概要

学ぶ

鯖のへしこ料理教室

[開催日]23日、24日(両日)
[募集数]各回15名様 [参加費] 500円
[時 間]1回目/午後1時〜 2回目/午後3時〜

お申し込みは、赤城神社境内ギャラリー内の係員にお声がけください。

会場は赤城神社境内ギャラリー、教室の時間は1時間程度。

ふくいブランドコーナー

福井県立恐竜博物館 FUKUI HAPPINESS 福井年縞博物館

抽選会

キーワードクイズ&スタンプラリー

タイトル

イメージ

イメージ

イメージ

雲浜獅子は、寛永11年(1634)酒井忠勝が、武州川越から小浜に国替えの際に伴って伝えられた獅子舞です。雌獅子をめぐる2頭の雄獅子が繰り広げる恋の物語を、美しい笛の音と勇ましい舞で表現します。無形民俗文化財の舞をご覧ください。

タイトル

イメージ

イメージ

イメージ

若狭小浜藩の初代藩主・酒井忠勝は、江戸幕府第3代将軍・徳川家光と第4代将軍・徳川家綱の老中・大老を務め、特に家光からは「予の右腕」と言われるほど大きな信頼を得ていました。神楽坂には当時、小浜藩の下屋敷があり、酒井忠勝はここから江戸城に登城しました。当時をしのび、23日の午後には時代衣装を身に着けた総勢24人が神楽坂通りを練り歩く「小浜藩酒井大老登城行列」を開催、イベントを盛り上げます。

タイトル

イメージ

イメージ

元号が明治に改められて、今年で150年。日本の歴史が大きく動いた幕末から明治期に活躍した福井の先人を、映像やパネルで紹介します。福井から始まった“ニッポンの夜明け”を感じてください

タイトル

イメージ

[開催日]23日、24日(両日)
[募集数]各回15名様
[参加費] 500円
[時 間]1回目/午後1時〜 2回目/午後3時〜

お申し込みは、赤城神社境内ギャラリー内の係員にお声がけください。

会場は赤城神社境内ギャラリー、
教室の時間は1時間程度。

タイトル

イメージ

イメージ

世界最大級の恐竜博物館から、 ティラノサウル(頭骨) と、さわれる化石を展示します。

イメージ

今年9月、若狭町に世界初の「年縞」博物館がオープン。
出土品の年代測定の「世界標準のものさし」である、水月湖(すいげつこ)の年縞の実物を展示します。

イメージ

ポスターから見る福井県の魅力

イメージ

タイトル

イメージ

販売会で特産品をお買い上げいただいた方、 越前・若狭ランチを召し上がっていただいた方に抽選券を差し上げます

キーワードクイズ&スタンプラリー

イベント会場を回つてキーワードとスタンブを集めたら、メイン会場(赤城神社境内)の「キーワード&スタンプラリー景品交換ヨーナー」へ!素敵な最品を進呈します。

(数に限りがあります)

フェイスブック、ツイッターで最新情報を配信中

フェイスブック ツイッター

神楽坂は福井県ゆかりの地

古くから京都、奈良との結びつきが強く伝統文化が息づく福井県小浜市。実は、神楽坂の矢来公園辺りには江戸時代、若狭小浜藩邸がありました。「解体新書」を著した蘭学者で、小浜藩に仕える医者でもあった杉田玄白はこの屋敷内で生まれました。同公園内には現在「小浜藩邸跡」と「杉田玄白生誕の地」を併記した記念碑が設置されています。こうした縁から、地元商店街のご支援で「越前・若狭まつり」が続いています。

詳しくはこちら

越前・若狭の美味や逸品 試食・販売会

例年11月6日に解禁となるズワイガニ漁。福井県内で水揚げされる「越前がに」は、鮮度の良さ、味ともに絶品とされ高値がついています。そして「若狭ふぐ」もこれからがおいしい季節。晩秋の日本海で獲れる魚介類、山の幸、人気の若狭塗箸など福井県が誇る品々を、神社境内等で販売。試食もできます。

詳しくはこちら


お問い合わせ/

福井県嶺南振興局若狭観光・地域振興室 TEL.0770-56-2212
           もしくは(一社)若狭湾観光連盟 TEL.0770-64-5640       ※平日8:30〜17:15まで

お問い合わせ

福井県嶺南振興局若狭観光・地域振興室
TEL.0770-56-2212
もしくは
(一社)若狭湾観光連盟
TEL.0770-64-5640
※平日8:30〜17:15まで

会場MAP